傑作選

  • マリオメーカー

    このゲームは、サンプルのコースを楽しんだりインターネットに接続することで世界中の人と遊ぶことが出来ます。 一番好きなのは、自分でコースを作ることが出来ることです。 自分でコースを作ってそれを投稿すると、人にそのゲームのコースで遊んでもらえもしゲームをした人が、いいねを押してくれると、メダルの数で投稿出来るコースが増えて行きます。 いいねをもらえると、それだけで自分の作ったコースを評価してもらえてい... 続きを表示

  • 今OverWatchが熱い理由

    「OVERWATCH」というゲームは、2016年の5月に発売されたチーム対戦型のアクションシューティングゲームです。 発売から3年が経ちますが、プレイヤーの熱は冷めるどころかさらに熱くなっているようにも思います。 そんな「OverWatch」というゲームが愛され続ける理由は2つあると思います。まず1つ目、それは「仲間と協力すること無しには勝利をつかめないゲーム設計」です。 他のチーム型アクションシ... 続きを表示

  • 「風来のシレン」がいまだに楽しいって話

    風来のシレン、これが未だに面白いのです。この魅力をお伝えしたいです。 まず風来のシレンはまず将棋や囲碁のような一進一退の攻防で緊迫感の味わえるゲームだということです。 この自分が一つ動いたら相手も一つ動くというシステムのおかげ自分が動くまでは敵も待ってくれるので最高の一手をいくらでも考えられるというのが魅力です。 そんな動きの少ないゲームならではの一歩間違えたら死んでしまうという危機感が何とも言え... 続きを表示

  • サンドボックス型のサバイバルアクションゲーム「コナンアウトキャスト」の魅力

    コナンアウトキャストはスパイク・チュンソフトから発売されたPlayStation4向けのゲームで、元々はSteamで発売されていたコナンエグザイルをローカライズしたものです。 サンドボックス型のサバイバルゲームで、様々なアイテムを作成し生き延びるだけではなく、奴隷を捕まえて一緒に戦ったり、施設を防衛したり、作業をまかせることもできます。 サンドボックス型のゲームは目的がなく自分で目的を見つけること... 続きを表示

  • 何百時間遊べるダライアスバーストクロニクルセイバーズ

    ダライイアスシリーズにバーストという攻防一体の新システムを加えたダライアスバースト、その現時点の最新作であるクロニクルセイバーズ(ダラバーCS)は文字通り何百時間と遊べるものでした。 Steamで発売された時が丁度うちのパソコンを2画面にした直後と言うタイミングだったので、2画面対応を謳っているこのタイトルを思わず買ってっしまったのです。 と言っても大迫力の2画面で遊べるのは1プレイあたり3面で終... 続きを表示

  • ファイナルファンタジー7について

    当時プレイステーションで衝撃の一作品となったドラゴンクエストと肩を並べるRPG史上衝撃の作品であったファイナルファンタジーシリーズで最も販売数が世界的にも認められたのではないかと思う作品です。 ファイナルファンタジー7になって美麗なCGが始めて採用され、その美しいキャラクターと世界観に魅了された方々は数知れず、冒険序盤に出てくるゴールドソーサーでの本格的なミニゲームに魅了されて、中々ゴールドソーサ... 続きを表示

  • Fallout3

     Fallout3は、2008年にPS3、Xbox360、PC用に発売されたRPGゲームです。その人気から、翌年にはダウンロードコンテンツを同梱したセットが発売されました。  核戦争後の世界を放浪するという設定のゲームですが、一番の魅力はその徹底的に作りこまれた世界観でしょう。木々は枯れ果て、建物は破壊されてしまったアメリカの東海岸。その街並みを自由に歩いているだけでも、このゲームの世界観に飲み込... 続きを表示

  • Darby Stallion GOLD

    私がニンテンドー3DSで、興味をそそられたゲームのひとつ、「Darby Stallion GOLD」。 これは最初に出た「Darby Stallion関東版」から、注目を集められており、その結果として様々な紆余曲折はありましたが、そんなこんなという中で2014年に発売されたゲームです。 私は「Darby Stallion98」からやっており「Darby Stallion04」をやって、そして今回の... 続きを表示

  • モンスターハンター4G

    昔からモンスターハンターシリーズが大好きで、携帯ゲーム機でこんなに高画質なアクションゲームが遊べるのが驚きでした。 モンスターハンターとは、自分が一人のハンターになって村や集会所で困っている人からクエストを依頼されて自分の何倍もの大きさのモンスターを倒して報酬を貰います。普通のゲームとは違いレベルアップなどで主人公が劇的に強くなったりはしません、なので自分自身が上手くなるしかないのです。 大型モン... 続きを表示

  • バイオハザードは一番記憶に残っているゲームの一つ

    私が、初代プレステの中で、一番記憶に残っているソフトの一つにバイオハザードが挙げられます。 当時、こういったホラー系のゲームはほとんど無かったため、初めてプレイした時の恐ろしさと言ったらもう・・。 映像は(当時では)やたらリアルでしたし、音楽も不気味さ満点。 そこへきて、突然ゾンビが現れたりするわけですからねえ。 本当にちょっとしたお化け屋敷よりも数倍怖いですよ。それにね、バイオハザードって、操作... 続きを表示