蒼穹紅蓮隊は開き直ったのか?

アーケードから家庭用..

蒼穹紅蓮隊は開き直ったのか?

アーケードから家庭用に移植されるゲームというのは多数存在し、

蒼穹紅蓮隊はその中にあるタイトルの一つです。

私が購入したのはプレステ移植版の『蒼穹紅蓮隊 黄武出撃』でした。

広範囲ロックオンが肝というレイフォースの系譜を受け継ぐタイプのゲームで

ありながらも、レイフォースの続編レイストームとともに3D演出を追求しながら

丸っきり別系統の進化をそれぞれ遂げたのは面白いところです。

私は両方好きですが、残念ながら世間的に有名なのはレイストームだけです。

蒼穹紅蓮隊を特徴づける最大の物は企業vs企業という真っ黒な戦いという物語、

それに駆り出される私設自衛隊「JDF」という主人公たちの立場。

それに加えて多用される巨大な明朝体も独創的な演出となるはずだったのですが、

この点について全くの偶然にも同時期の怪作アニメ『エヴァンゲリオン』と

モロカブリしてしまったため「パクリ」と言う不当な誹りを受けることになりました。

さて、私が円盤で購入したプレステ版黄武出撃ですが、

追加機体や追加ボスに加えオペレーターのボイスが付くようになっています。

このあたりはいかにもCD-ROM時代らしいアレンジと言えますが、

よりにもよってそのオペレーターの声優に抜擢されたのは、長沢美樹さんでした。

そう、エヴァンゲリオンでオペレーターの伊吹マヤ役を演じた方です。

もう完全に開き直ったようにしか見えません。

まあ色々と不遇な本作ではありますが、

世界観に演出、そしてSTGとしての面白さは折り紙付きと言っていいと思います。